ネイチャーメイド葉酸サプリはつわりに効果があるの?

妊娠初期から始まるつわりは、妊娠中に分泌される女性ホルモンが原因で起こります。
つわりの症状はおう吐、眠気、体全体のだるさやむくみ、便秘や下痢、イライラや不安感など様々な不調です。
つわりの予防には葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12が有効と言われています。

 

■つわりについて

 

妊娠初期から5ヵ月くらいまで続くつわりは個人差があり、ほとんど自覚症状のない人や妊娠中期の5ヵ月ごろまで続く人など様々です。
つわりの原因は、妊娠中に分泌される女性ホルモンのブロゲステロンによります。
ブロゲステロンは胎児の成長を阻害する毒素を排除するため、脳にある「おう吐中枢」を刺激して吐き気やおう吐をおこします。
この症状を予防する働きがあるのが葉酸やビタミンB群のビタミンB6やビタミンB12などですが、特にビタミンB6 は妊娠初期のつわりを和らげる効果があります。
葉酸サプリメントを選ぶなら、ビタミンB6 と葉酸を同時に摂取できるものが妊婦さんには適していると言えます。
例えば、ネイチャーメイド葉酸サプリのような葉酸のみのサプリメントでは、新たにビタミン剤を摂取しなければなりません。

 

■つわりの症状を緩和するビタミンB6の効果

 

ビタミンB6は妊娠初期のつわりに効果があります。
妊娠するとアミノ酸の一種のトリプトファンの代謝があまりうまくいかず、キサンツレン酸という成分が増えてつわりの原因になりますが、ビタミンB6を摂取することでつわりの症状を緩和する効果があります。
ビタミンB6は赤ちゃんの脳神経の発達にも重要な成分です。
皮膚や粘膜、髪の毛、歯、爪などの素でもあり、ビタミンB6不足は母体や胎児に悪影響を及ぼす恐れがあります。
過剰摂取は危険ですが、アミノ酸の代謝を正常にしてつわりをやわらげるビタミンB6は、妊婦さんにとっては意識して取る必要があります。
葉酸サプリメントにビタミンB6が含まれていると、悩まずに摂取できるので助かります。

 

・ビタミンB6 が含まれる食材は魚や肉類のほかニンニクにも多く含まれます。
またクルミや落花生、ゴマなどにも含まれます。

 

■つわりの症状を緩和するビタミンB12の効果

 

ビタミンB12 は妊娠中に起こりやすい貧血などを予防する働きがあります。
ビタミンB12はカキ、ハマグリ、シジミなどの貝類やホタルイカ、ウルメイワシ、サンマなどの魚類に含まれていますが、つわりの時期には食べにくい食材かもしれません。
葉酸サプリにビタミンB12が含まれているものを選ぶと、有効に摂取することができます。

 

 

 つわりを和らげる効果のある香りは、レモンやプレープフルーツの香りです。
お花を生ける代わりにカゴに盛もって、香りを楽しむのも気分転換に良いかもしれません。
母体や胎児の健康を考えて葉酸サプリメントを選び、健やかなマタニティライフを送りましょう。